中埜酒造株式会社の製品へのこだわりをお聞き下さい

ホーム > 中埜のこだわり > 弘化元年、國盛蔵創業

弘化元年、國盛蔵創業

昔のラベル

恵まれた自然環境、地酒に欠かせない尊い歴史と伝統、盛んな酒造りの勢いを得て、いよいよ國盛蔵が弘化元年(一八四四年)に創業します。

「国の繁栄を願い、それとともに我が酒の盛んなること」を望む気持ちを込めて「國盛」と命名し世に送り出しました。明治に入り、國盛の醸造量は評判とともに増大。明治二三年(一八九〇年)に知多半島で第一回大日本帝国陸海軍合同の大演習が行われた際、國盛蔵の敷地内に大本営がおかれ、明治天皇をお迎えしました。

この出来事は國盛に対して絶大な信頼が寄せられていたことを物語るものといえます。明治末期には「雪山(せっさん)」の蔵元と提携し、丸中酒造合資会社を設立、その後「雪山」「勲盃」の蔵を合併し、現在に至る基盤をより強固なものとしました。

プライバシーポリシー サイトマップ 管理サイト