中埜酒造株式会社の製品へのこだわりをお聞き下さい

ホーム > 中埜のこだわり > 銘醸地、尾州半田

銘醸地、尾州半田

上空から中埜酒造を見る知多の地酒の歴史は古く、さかのぼること三百有余年。江戸初期寛文五年(一六六五年)には、知多全体で114軒、半田では10軒の酒造家が創業していました。

江戸時代中頃には廻船により江戸への出荷も始まり(一七二三年)、知多が江戸と上方(現在の大阪)の中間に位置することから「中国酒」として親しまれ、18世紀末には江戸に入る酒の三割を担う大産地として成長しました。

時とともに盛んな知多の酒造り。國盛のふるさと知多半田は酒の街として広く知れわたり、江戸中期ともなると醸造量は飛躍的に増加。天明八年(一七八八年)には約五万石もの酒米がお酒造りにあてられています。

知多で酒造りが盛んになった背景には、他の利に加えて、年間平均気温15.5度と醪(もろみ)の発酵に適した気候風土と良質な酒米、清冽な湧き水に恵まれたこと。さらには、徳川御三家、尾張藩の奨励も酒造りを力強く後押ししました。地酒の旨さ、國盛の味わいには、はるかなる歴史が脈々と息づいています。

プライバシーポリシー サイトマップ 管理サイト